braineer freelance(ブレイナーフリーランス)

ニュース・コラム

スキル 2017年 7月10日 464

WordPressをAWSのEC2にサーバー移管してみる

WordPressをAWSのEC2にサーバー移管してみる

今回は、GMOCloudのサーバーを用いて運用しているWordPressのサイトをAWSのEC2に移管したので、

その方法を備忘録として書いてみることにする!

 

ちなみに、このbraineer freelanceもAWSを使っています!

 

手順は以下のとおりです。

今回はhttp://toach.click/wordpress-to-ec2/ の記事を参考にさせていただきました。

 

1. AWSのアカウントを作成して、EC2のセットアップを行う(この手の設定は多くの情報があるので省きます。

-> この時、Amazon Linuxで設定すると以下の設定の時に分かりやすいです。

 

2. ElasticIPを設定する(本番環境ならば、この段階で設定することをおすすめします)

 

3. EC2にSSH接続を行い、LAMP環境を設定する(Apache, MySQL, PHP)

http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/install-LAMP.html を参考にするとよい(ここではAmazon Linuxの時の設定です)

 

4. WordPressをインストールしてデフォルトテーマが表示される状態にする

 

5. 以前のWordPressのファイルを移行する

今回はUpdraftというWordPressのプラグインを利用します。

 

6. Updraftの有料版でないとサーバー移行ができないので、有料版にします。(BackWPupというプラグインも利用してみたのですが、エラーが多発し、解決に時間がかかると判断して、今回はUpdraftを選択)

 

7. 以前のWordPressにUpdraftをインストールしてバックアップファイルをローカルに保存

-> wp-config.phpのデータベースへの接続設定をhttps://fastcoding.jp/blog/all/system/moving-wordpress/ を参考に変更

-> EC2のWordPressにもUpdraftをインストールして、ローカルのファイルをアップロードして復元

 

8. データベースの移管はphpAdminを利用することも可能ですが、今回はdumpを用いておこった

 

9. Apache, MySQLを再起動して、IPアドレスにアクセスするとサイトが表示されることを確認

 

10. Route53を利用して、ドメインを以前のDNSの設定から変更する

 

以上で、簡単ではありますが、手順の説明を終わりにします。

 

サーバー移行は環境依存が多い作業なので、注意点が多くあります。

自分も様々な点で悩まされましたので、それはまた後日記載することにします!

ページ上へ